【禁則事項】

和声で禁止されている連結

西洋音楽では、厳格なシステムのもとに音楽が作られています。
以下の規則は長い歴史の中で、徐々に形成されてきたもので、 それらの規則にのっとって作曲家たちは音楽を作ってきました。
従って西洋音楽を理解するためには、これらの規則に精通しておく必要があります。

連続1度、連続8度、連続5度、並達1度、並達5度、並達8度がそれにあたります。

連続1度

連続8度


連続5度



ただし、後続の5度が減5度の場合は問題ありません。

並達1度

ただし、V → I の連結でテノールとバスが次の様な進行をする場合に限り、
並達1度は許されます。(テノールが短2度上行、バスが完全4度上行)

並達5度

外声間に生じる並達5度は禁じられてます。

ただし、ソプラノが順次進行する場合は問題ありません。

並達8度

外声間に生じる並達8度は禁じられています。

ただし、ソプラノが順次進行する場合は、問題ありません。

増音程は禁じられています。(歌唱する場合、音程が取りにくいため)



ページ先頭へ↑
トップページへ