【W7】

W7は次の4つの音で構成されます。


配置

バスの違いによって以下の種類のW7ができます。


限定進行音

第7音(ミ)は常に2度下行します。


予備

W7の第7音は常に予備を必要とします。


連結

W7はS和音(サブドミナント)に属し、Xの諸和音へ進行します。

※T/5(→X(7))へ進行することは少ない。

W7はU/3へも進行できます。


短調の場合は以下に進行できます。


バスの予備

W7/7のバスは第7音なので、予備を必要とします。

W7/5の低音4度は予備を必要とします。

ページ先頭へ↑
トップページへ